マレーシアでのオフィス・住居探し


取締役就任予定の駐在員様のご住居について

マレーシアに会社を設立するには、

設立登記申請の時点で、「マレーシアに居住する取締役(director)」が1名必要となります(1名とも日本人でもOKです)。

したがいまして、会社設立時点から日本人駐在員を取締役にしたい企業様にとっては、

会社設立の登記をするよりも先に、取締役就任予定の駐在員の方の住居をマレーシア国内に借りることが必要となります。

逆に言いますと、駐在員を先にマレーシア入りさせることで、会社設立時点からマレーシア法人の取締役を日本人のみとすることが可能です。

なお、この場合、駐在員の方は就労ビザがない状態でマレーシア入りすることとなりますが、
当地においてはコンドミニアムを借りる際にビザは基本的には要求されず(オーナーによっては要求してくる場合もあるかと思いますが、そのようなことは聞いたことがありません)、
また、会社設立登記をする時点で取締役にビザがあるかどうかは確認されません。

 

 

事務所や店舗について

マレーシアでは、会社設立の登記申請時点で「事務所」や「店舗」を借りておく必要はありません。

といいますのも、
マレーシアの会社登記制度では、会社は、
「registered address」(法定書類の保管や会社登録委員会からの連絡を受領する住所。)と
「business address」(実際にビジネスを行っている住所。)
という2つの住所を登録することとなっているものの、
会社設立登記の申請時点で必要とされるのは「registered address」の登録のみであり、
通常、それは会社設立登記の手続きを依頼するカンパニーセクレタリーの事務所住所を登録するからです。

しかしながら、就労ビザやライセンスの申請の際に「事務所」や「店舗」等が必要となりますので、
結局のところ、会社設立後すぐに「事務所」等を借りて、
その住所を「business address」として登記申請することになります。駐在員様の住所がお決まりになりましたら、すぐにオフィス探しに移られるのがよいでしょう。

 

 

弊社提携先の日系不動産会社のご紹介

 

弊社では、マレーシア進出を予定されている企業様の住居探し/オフィス探しにつきまして、下記日系不動産会社をご紹介させていただいております。

下記会社は京都を本店として関西一円で手広く不動産業を展開している会社様で、
クアラルンプールにも現地法人を構え、日本人のスタッフさんが常駐しておられます。


エリッツインターナショナル

 

 

モントキアラ(マレーシア)のレンタルオフィス

 

クアラルンプールのハブ駅であるKLセントラルに日系のレンタルオフィスもございますが、
ローカルが運営するレンタルオフィスでよろしければ、日本人駐在員様がお住まいになる候補地であろうモントキアラ地区(mont kiara)にもございます。

選ばれるコンドミニアムによっては、このオフィスへ徒歩で通うことも可能です(クアラルンプールは渋滞がひどいので、徒歩通勤は非常に魅力かと思います)。
ショッピングセンターの中にありますので、お仕事の後は食事やショッピングなどもお楽しみ頂けます。

クアラルンプールの中心地(KL CentralやKLCC)から車で約15分〜20分です。
タクシーもたくさん走っていますし、GrabCarというスマートフォンのタクシー予約アプリを使えばスマートフォンの操作のみでタクシーを呼ぶこともできます。

当レンタルオフィスのマネージャーと知り合い(下記写真、向かって左の女性)ですので、
もしご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたらお繋ぎいたします(サービス内容等の説明は英語、中国語、マレー語になります)。

下記リンクをクリックしていただきますと、ウェブサイトが開きます。

 

Incube 8

incube8