運営者情報


 

運営者情報

当サイトは、KSG Holdings Ltd.により運営されています。

運営者名KSG Holdings Group
マレーシア法人: KS Global Solutions Sdn Bhd ( Company No. 1107812-K )
ラブアン法人: KSG Holdings Ltd. (Company No. LL12094)
代表者熊木 雄介(司法書士)

平成16年司法書士登録。
大阪司法書士会 会員。
渉外司法書士協会 会員。
所在地クアラルンプールオフィス:
23-1, Premer Suite, Menara 1 Mont Kiara, Jalan Kiara, Mont Kiara, 50480, Kuala Lumpur, Malaysia

ラブアンオフィス:
Unit Level 11(A), Main Office Tower, Financial Park Labuan, Jalan Merdeka, 87000 Labuan, Malaysia

弊社クアラルンプールオフィスは、日本人駐在員の多くが居住するモントキアラエリアにございます。
連絡先メール:
info@office-kumaki.name

電話:
+603-2785-6831

まずはEメールにてお問い合わせいただけますと幸いです。

 

コンサルタントのご紹介

 

氏  名:熊木 雄介 (くまき・ゆうすけ) クアラルンプール在住! KLにて子育て奮闘中です!
保有資格:司法書士
登録番号:大阪司法書士会所属 第4236号
簡易裁判所訴訟代理認定:第314131号
所属団体:大阪司法書士会、NPO法人渉外司法書士協会など
司法書士登録年度:平成16年〜現在に至る
主な取り扱い分野:
1.マレーシア進出・移住コンサルティング業務:マレーシア法人の設立、許認可、ビザ、契約法務等のコンサルティング業務、法人設立後の各種コンサルティング・アドバイザリー業務
2.ラブアン法人・財団活用を活用したインターナショナルビジネス及びマレーシア移住に関するコンサルティング業務:ラブアン法人・財団の設立、許認可、ビザ、契約法務等のコンサルティング業務、並びに法人維持に関するコンサルティング・アドバイザリー業務

 

セミナー実績

 

平成27年7月16日、一般社団法人海外展開支援ネットワーク様主催セミナーに講師として招待され、一般企業様や会計事務所様など約150名様に向けて『マレーシア進出法務の最新事情 -法人設立、リタイアメントビザ、金融特区までー』と題してお話しをさせていただきました。

詳細はこちら ⇒ http://kumakiblog.com/?p=1799

bzrZ2ApRvhJpwl01437614292_1437614306

 

執筆実績

 

business law journal

『子会社設立』(ビジネスロージャーナル平成23年10月号)
子会社設立の登記実務について、机上の話だけでなく、実務的なポイントを解説させていただきました。

 

shimin to hou

『ドイツ法人による日本支店設立について』(市民と法 平成24年6月号)
日本国外の法人が日本で事業をする際に必要な登記手続きについて、私が経験した事例から一例をあげ、実務的なポイントを解説させていただきました。

 

プロフィール

兵庫県芦屋市出身。関西学院大学社会学部卒。

大学1年時、自分の腕一本で生きていけるスキルを身につけたいと思い、独立開業可能な資格を取得することを決意する。

候補としては、法律系資格の弁護士、司法書士、そして会計系資格の税理士、公認会計士があったが、学ぶ対象として法律系の方が奥深く面白そうだったので弁護士または司法書士に絞り、そして、独立可能な資格を学生時代のうちにひとつは取っておきたいと考えていたことから、弁護士よりも比較的難易度が低そうな司法書士を選択。弁護士資格については、将来仕事をしながら取得を目指すこととしたが、結局、司法書士の仕事がすぐに忙しくなったことにより、受験勉強に費やす時間がもったいないと考えるに至り、弁護士試験の勉強はしていない。

大学在学中は、試験勉強の傍ら、小学校から続けているサッカーのサークル活動とインド料理レストランでのアルバイトに精を出す。アルバイト先でイスラム教徒であるパキスタン人と仕事仲間となったことをきっかけに、イスラム教に興味をもつようになる(海外進出先第一国目としてイスラム国家であるマレーシアを選んだのも、遡ればここが源流。ちなみに、イスラム教に興味があるというだけで、イスラム教徒ではありません)。

大学4年時、司法書士試験に合格(本当は大学3年で資格を取得し、大学4年時はバックパッカーをするつもりだったが、3年時は惜しくも不合格)。

大学卒業後、兵庫県神戸市の司法書士法人に就職。当法人は司法書士だけでなく、土地家屋調査士法人、社会保険労務士法人、行政書士法人をもグループにもつ大規模法人であったため、不動産取引、測量、相続、会社設立、登記を中心とした企業法務、許認可、破産/再生等の債務整理等の様々な業務に触れる。

就職から2年が経過した春、新婚旅行で訪れたオーストラリアはシドニーの街角にて、カフェラテを飲みながら人の行き来をぼんやりと眺めている時、突然、「独立開業するなら今しかない」と直感。帰国後に所長に意思を告げる。

そして、平成18年7月、兵庫県神戸市に10坪の事務所を借り、妻と二人で「司法書士熊木事務所」をスタート。いわゆるコネなし、カネ無しで始めたスタートだったが、当時司法書士業界ではほとんど目を向けられていなかったインターネットを使った情報発信に勝機を見いだし、安定継続して顧客を獲得することに成功。債務整理、会社設立、相続を中心に業務を展開し、平成20年末には業務拡張のため事務所を神戸駅前に移転。司法書士4人体制という、神戸市内ではそこそこの規模の事務所に発展。

平成21年、株式会社熊木総合研究所を設立、代表取締役に就任。

司法書士による国際業務の発展を目的とするNPO法人渉外司法書士協会への加盟を契機として、大学時代から興味があった国際業務をスタート。といっても、当初は日系企業の海外進出サポートというものではなく、在日の中国系、韓国系の方々の相続問題や起業問題から始め、次に外国企業の日本投資に関して情報を発信するようになる。

そんな中、今後大きな成長が予想されるASEAN各国を中心に視察に周り、その中で、日系企業が海外進出する際に日本の公認会計士によるサポートは多くあるものの、日本の法律系専門家によるサポートがほとんどなされていないことを知る。

平成25年、視察をする中で気がついた日系法務サービスの不足を埋めることにぜひチャレンジしたいという思いから、神戸の事務所をパートナーに任せ、今後ASEANのハブとしてますます存在感を高めるであろうマレーシアへ渡り、経験豊富な現地専門家との恊働による日系企業の海外進出サポートサービスを開始。また、海外への移住者が増えていることに伴い増加している国際相続の問題に対して、国際相続・遺言作成サポートサービスを開始。

将来的には、マレーシアに限らずASEAN全域を活用したソリューションを提供できるコンサルティング会社へと成長させることが目標。

 

ブログ

マレーシア法人設立サービス - Kumaki blog from Malaysia (2) ※ブログにてマレーシア最新情報を発信しております! ぜひご参照ください。

 

Facebook

facebook ※ 熊木個人のFacebookページです。あまり更新しておりませんが、、、。

 

Twitter

Twitter_logo_blue @kumaki1981 *マレーシア現地情報をお届けしています! FacebookよりもTwitterの方が頻繁に更新しています。

 

司法書士目線で厳選した、マレーシアでの信頼のネットワーク

法人設立の際に選任が必須となるカンパニーセクレタリーはもちろん、法律事務所、会計事務所、ラブアン信託会社、公証役場とのネットワークがございます。

さらに、マレーシアやラブアン島のレンタルオフィスサービス会社や内装業者、不動産業者、インターネット関連業者、MM2Hエージェントなどのアレンジも可能ですので、ご希望がありましたらどうぞお気軽にご相談くださいませ。

なお、マレーシア法人設立後の会計・監査・税務につきましては、日本人が所属する会計事務所をご紹介させていただくこともできますし、「維持費は極力抑えたい
「英語のみでも問題はないのでローカルの会計事務所でもOK」とのことでしたら、日系会計事務所に比べて費用が格段に安くすむ弊社提携先ローカル会計事務所をご紹介させていただきます。

また、法人設立後、弊社とアドバイザー契約を締結していただければ、法務に限らず、全般的にサポートさせていただきます。